EC-Win: Windowsリアルタイム プラットフォーム

EC-Win は、Windows システムにプロフェッショナル用途のオープンリアルタイム EtherCAT プラットフォームを提供します。EC-Win の採用は、ますます普及の進む EtherCAT 技術をベースにした、極めて光速でデターミニスティックなリアルタイム ソリューションの構築を実現可能にします。EC-Win の代表的な使用用途は、モーション コントローラー、PLC コントローラー、サイクル タイム 20kHz 程度までのリアルタム計測機器などです。EC-Win のコア コンポーネントは、パワフルな EC-Master マスタースタックです。EC-Master は 実績と信頼性を併せ持つ acontis 社の Windows ハイパーバイザー技術製品とリアルタイム技術製品に適合するように、それぞれ最適化されています。

相性問題の心配のないパワフルなリアルタイム EtherCAT プログラミング環境をお探しならば、ワンストップでシングルソースに、しかも魅力的な価格で提供する EC-Win が最適のソリューションです。

EC-Win マネージャー

  • EC-Win 設定ツール
  • EtherCAT対応のデバイスをリアルタイム プラットフォームを付ける
  • 任意で他のデバイスをリアルタイム プラットフォームを付ける
  • CPU割り当て、Windowsのメモリ設定、リアルタイムプラットフォームのメモリ設定

リアルタイム プラットフォーム

  • インテグレートされたハイパーバイザー: Windows とリアルタイム部分(オペレーティングシステム)は、個別に安全に実行されます。Windows のシステムエラー(ブルースクリーン)が発生した場合にも、影響は受けません。
  • Win32 のプログラミングパラダイム(プリエンプティブマルチタスキング、スレッド、イベント、セマフォ、ミューテックスなど)をリアルタイム部分にも使用できます。
  • より高速高精度なシステム タイマー(10 ナノ秒以下)を実現します。割り込み周期は 25kHz まで実現可能です。
  • Windows 、リアルタイム部分の両方または片方に、複数の CPU コアを使用できます(SMP:対象型マルチプロセッシング)。この機能は、クァッドコア CPU などを採用する際に特に重要になります。
  • Windows とリアルタイム部分の間に仮想 TCP/IP ネットワークを構築できます。このため、EtherCAT 診断機能を完全に活用できます。
  • Microsoft Visual Studio の快適な開発デバッグ環境が使用できます。Ethernet を介したリモートデバッグ作業も可能です。
  • パワフルでグラフィカルなリアルタイム分析ツールが用意されています。

 

EC-Win: Windowsリアルタイム プラットフォーム

企業

acontis technologies

acontis technologies GmbH

詳細情報