RX72M 通信ボード

RX72Mは業界最高レベルの性能を誇るRXv3コアを搭載し1396CoreMark®の高性能なMCUとして産業機器のメインアプリケーション機能を果たしつつ、EtherCAT通信も1チップで実現します。

MCUはもちろんのこと、ソフトウエア開発環境や評価ボード等の開発ツールとサンプルのソフトウェア・ドライバを含めたトータルソリューションとして、迅速かつ容易に製品開発が可能な環境を提供いたします。

製品仕様

  • 高性能32bit CPU (RXv3コア)
    - 最大動作周波数 : 240MHz
    - 単精度/倍精度FPU搭載
  • 内蔵メモリ
    - コードフラッシュ 4MB(デュアルバンク機能対応)、SRAM 1MB
  • 周辺機能
    - EtherCATスレーブ・コントローラ x1
    - IEEE1588対応Ether MAC
    - USB2.0 Full Speed ホスト/ファンクション
    - 13x SCI, 3x RSPI, QSPI, 3x I2C, 3x CAN, SDHI, 32bit PWM timer, WDT
    - 三角関数演算器
    - Δ-Σモジュレータインタフェース
    - 12-bit A/Dコンバータ
    - グラフィックLCDコントローラ
    - 暗号機能
    - GPIO
  • 単電源電圧:3.3V

 

 

 

RX72M 通信ボード

企業

Renesas

ルネサスエレクトロニクス株式会社

詳細情報

Conformance tested

公式認証テスト合格製品